製品紹介 素材 (ベリリウム銅)

熱伝導性、耐摩耗性に優れた高硬度な銅合金を提供し、
ハイサイクル成形を実現いたします

ベリリウム銅 加工技術のポイント

ベリリウム銅の材料特性を理解し、
最適な加工条件をご提供します。
お客様が抱えるお悩みを、加工技術に関する
「ノウハウ」で解決致します。

旋盤加工

旋盤加工

ベリリウム銅は、鋼材より厳しい条件でも
加工が可能です。

区分\切削条件 切削速度
(m/min)
回転送り量
(mm/rev)
切込み量
(mm)
冷却方式 切削工具
荒加工
中仕上げ加工
ベリリウム銅:
BeA-25 ULTRA
180~350 0.3max 0.75~1.25 WET
《比較材》プリハードン鋼:
HRC40相当
40~60 0.7 6~8 超硬チップ
(コーティング)
仕上げ加工 ベリリウム銅:
BeA-25 ULTRA
180~350 0.05~0.15 0.1~0.2 WET
《比較材》プリハードン鋼:
HRC40相当
40~60 0.7 6~8 超硬チップ
(コーティング)

エンドミル加工

エンドミル加工

ベリリウム銅は、一般鋼材とほぼ同条件で
加工が可能です。

区分\切削条件 切削速度
(m/min)
回転送り量
(mm/rev)
切込み量
(mm)
冷却方式 切削工具
荒加工
中仕上げ加工
ベリリウム銅:
BeA-25 ULTRA
《比較材》
プリハードン鋼:
HRC40相当
鋼材とほぼ同条件 センタースルー
(ドライ or エアー)
超硬チップ式
エンドミル
仕上げ加工 センタースルー
(WET)
超硬ソリッド
エンドミル

ドリル加工

旋盤加工

ベリリウム銅は、一般鋼材とほぼ同条件で
加工が可能です。

区分\切削条件 切削速度
(m/min)
回転送り量
(mm/rev)
冷却方式 切削工具 その他
加工条件
荒加工
中仕上げ加工
仕上げ加工
ベリリウム銅:
BeA-25 ULTRA
《比較材》
プリハードン鋼:
HRC40相当
鋼材とほぼ同条件
(ステップ加工)
センタースルー
(WET)
超硬ドリル 加工中の発熱を抑える
ために、切屑の排出と
切削油での冷却を推奨

溶接

溶接

ベリリウム銅は、特有の条件で溶接が
可能です。

注意事項

一般的な金属溶接と同様に、ダクトなど排気装置のある環境で
作業して下さい。

TIG溶接
予熱温度
(℃)
溶接電流
(A)
極性 溶接棒 アルゴンガス流量
(L/min)
200-280
*350℃を超える温度は
素材が軟化するので注意
150-200
*電気伝導性が良いため
鋼材の約3倍の大電流が必要
交流 材質:BeA-25/BeA-11
(専用共材)
棒径:φ0.8-φ3.0
(母材や溶接範囲により選定)
20-23
レーザー溶接
予熱温度
(℃)
溶接電流
(A)
極性 溶接棒 アルゴンガス流量
(L/min)
200-280
*350℃を超える温度は
素材が軟化するので注意
150-200
*電気伝導性が良いため
鋼材の約3倍の大電流が必要
交流 材質:BeA-25/BeA-11
(専用共材)
棒径:φ0.8-φ3.0
(母材や溶接範囲により選定)
20-23

ワイヤーカット

ワイヤーカット

ベリリウム銅は、一般鋼材の1.5~2.0倍の
速度で加工可能です。

備考
  • 条件は、黄銅 φ0.300㎜を使用した事例であり、ワイヤーの
    材質・サイズ、加工機により条件の調整が必要になります。
  • 高速加工は加工面の肌が荒れる傾向があるので、高い精度や
    面粗度を要求する場合は、2nd,3rdカットを推奨します。
ワイヤー ワイヤー速度
(mm/sec)
ワイヤー張力
(N)
プリテンション
(N)
平均加工電圧
(V)
オフセット量 加速速度
(mm/min)
黄銅 φ0.300㎜ 200 13 14 55~65 1/100 0.75~1.90

放電加工

放電加工

ベリリウム銅は一般鋼材より放電加工性は
劣りますが、面粗度は良好です。

備考
  • 電極損耗が鉄系の2倍程度となり、放電時間も長い傾向にあります。(これに対し、近年の放電加工機では改善されているようですので、詳細は、各メーカーへの問い合わせ下さい)
  • 面粗度は鋼材より良く、加工変質層がないため磨き作業性に優れています。
区分\切削条件 電極材料 ピ―ク電流値
(A)
デューティ
ファクタ(%)
加工速度
(mm3/min)
荒加工 黄銅、銅合金
グラファイト
鋼材条件
+10~15
65~80 30.9
仕上げ加工 1.3

お問い合わせ

お問い合わせはお電話、または問い合わせフォームよりどうぞ。

0569-23-5885
お問い合わせフォーム
Pgaetop